2020年FP技能士試験解答速報

【3・2・1級・AFP・CFP】TACのFP資格講座、評判・口コミ・ピッタリが選べる!

TACのファイナンシャル・プランナー資格講座、初学者から上級者までピッタリが見つかる・選べる

資格の学校TACは全国に校舎を構えるだけでなく、通信講座も展開している老舗の大手資格学校です。創業以来多数の資格講座を運営してきたノウハウで、教材・カリキュラム・講師・サポート共優れた品質が期待出来ます。

TACのファイナンシャル・プランナー資格講座では、あらゆる学習レベルに対応した講座コースをランナップしているので、受講者のニーズを漏らさず汲み取る事が出来ると言えそうですね。

今回はTACが老舗の大手資格学校たる実力と信頼を本当に持っているのかを、チェックしてみたいと思います。

TACのファイナンシャル・プランナー通信講座の無料資料請求
TACの公式サイトを早速チェック!

TACのファイナンシャルプランナー講座 簡易スペック表

TACのファイナンシャル・プランナー講座の簡易スペック表

TACのFP講座のコースは「通学・通信」の選択が可能である事に加え、3級・2級・1級・CFP・AFPを網羅したコースを豊富に取り揃えているのが特徴です。講座コースが多いので、「講座コース」と「その他の情報」の2部構成でスペック表をまとめてみました。

TACの講座コース一覧

基礎からきっちり仕上げたいとお考えの、初学者向け講座コースは色付けをしています。各講座コースの詳しい内容や受講料は後述していますので、まずはどのような講座があるかチェックしてみて下さい。

最近講座の体系がリニューアルされて、FP3級とFP2級については講座コースが変化して受講料もリーズナブルになりました。特に3級・2級本科生コースについては受講料がかなり下がりましたので、より受講しやすくなっています。

「AFP認定研修の対象講座」及び「教育訓練給付制度の指定講座」には、以下の通り記号を振っています。

■記号の説明
記号 記号の意味
AFP認定研修の対象講座
教育訓練給付制度の指定講座
①FP3級をはじめて受験される方向け
  • 3級本科生
  • 3級過去問解説講義
②FP2級合格を目指す方向け
  • 3級・2級本科生
  • 2級本科生
  • 2級技能士コース
  • 税理士特例コース
  • 2級過去問解説講義
②FP2級合格を目指す方向け/オプション講座
  • 2級直前対策パック
  • 2級直前対策 学科対策
  • 2級直前対策 実技対策
  • 2級公開模試
③CFP合格を目指す方向け
  • CFP1年本科生
  • CFPチャレンジパック
  • CFP総合コース ※6課目パックのみ対象
③CFP合格を目指す方向け/オプション講座
  • CFP入門講義
  • CFP直前対策パック
  • CFP直前合格ゼミ
  • CFP過去問解説講義
  • CFP公開模試
④FP1級合格を目指す方向け
  • 入門講義付1級本科生
  • 1級本科生
④FP1級合格を目指す方向け/オプション講座
  • 1級・CFP入門講義
  • 1級直前対策パック
  • 1級過去問解説講義
⑤AFP・CFPの方向け研修講座
  • AFP認定研修(FP2級合格者対象)
  • FP継続研修(AFP・CFP®登録者対象)

講座コース以外のその他の情報一覧

講座コース以外の情報をまとめています。講座数が多いのでサポートや割引制度等の情報も比例して盛りだくさんの内容となっています。TACは大手資格学校だけあって、サポート面や継続割引等が充実していますので、初学者の方でも安心して学習に取り組む事が出来ると思います。

学習スタイル
通学タイプ(教室講義・DVDブース学習)/通信タイプ(WEB・DVD)
教材一覧
テキスト 講座毎にTACオリジナルテキスト(モノクロ)
※一部講座で市販の教材を使用(TAC出版の売れ筋テキストです)
講義動画・音声 教室講義を収録した動画
e-Learningシステム e-Learningシステム「TAC WEB SCHOOL」
サポート体制
  • 通学タイプ講座のフォロー(振替受講・重複受講・追っかけ等)
  • 自習室の利用
  • スクーリング制度
  • 特別セミナー参加制度
  • インターネット質問メール(回数制限あり)
  • 質問カード
  • 通学タイプ講座受講者でも、Web通信講座を受講可能(※追加受講料必要)
割引・キャンペーン等
  • 進級割引
  • 再受講割引
  • 不定期で割引キャンペーン実施(公式サイト・メルマガ・SNSでチェック)
公式サイト
資格の学校TAC、ファイナンシャル・プランナー講座公式サイト

資格の学校TACのFP講座の強みをチェック

資格の学校TACのFP講座の強み

TACの公式サイトや無料サンプルはかなりの情報量なので、圧倒されてしまって強みが把握しづらいかもしれません。しかし、しっかりと読み解いていくと大手である資格の学校TACは、その規模の大きさを活かして他の資格学校には無い強みを持っていることが見えてきます。

法律系資格学校としての歴史・実績・規模は太鼓判

法律系資格学校としての歴史・実績・規模

資格の学校TACは、1980年創立の資格学校なので割と歴史があります。

創業当初はそこまで講座数は多くなかったはずですが、2018年現在で国家資格・民間資格を合計して48種類も開設しており、法律系難関資格(会計士・税理士・社労士など)の充分な実績を引っさげて、ファイナンシャル・プランナー資格に現在殴り込みを掛けている状態といえます。

直営校22拠点と提携校13拠点を構えさらに通信講座も併設しているため、2014年のデータでは全資格講座の受講者数は194,654名となっています。大量の受講者の経験情報を蓄積し、教材・講師・カリキュラム等の質の向上(ブラッシュアップ)を日々積み重ねている状態と言えます。

資格学校の規模が小さいと受講者の経験情報は中々得難いのですが、簡単に・大量の経験情報を得る事が可能なのは大手資格学校としてのメリットと考えます。後述しています「講座コース」の豊富さはこのような経験情報に基づいて、受講者の様々なニーズに答えるために構築されて来たと考えます。

AFP対応講座です
TACでFP講座を受講される方は、大量の経験情報によって熟成・洗練されたテキストやカリキュラムを受講する事が可能と言えます。

大手資格学校であるTACの持つ最大の強みと言えそうですね。

学習レベルに応じて豊富な講座コースから選べる

学習レベルに応じて豊富な講座コースから選べる

TACでは豊富な講座コースを用意していますので、学習レベルに合わせた講座を選べば良いですし、弱点や補完したい部分が分かっている方はスポット的に単科講座を受講すれば良いのでムダが無く、受講者の状況に応じた講座コースに出会う確率は非常に高いと言えます。

元々通学講座を主体として事業を開始しているため、通学に関してのサポートは充実しています。通学講座は「場所・時間」がネックになってきますから、例えば急用で出席できない、あるいは講座開始時期よりも遅れて開始してしまう等の不測の事態が出てきます。

上記については、欠席したり途中参加であっても追いつけるようなサポートがなされていますので安心と言えます。しかし、「場所・時間」の心配事を抱えずに学習に集中するには、やはり通信講座を受講するのが良いと考えます。通信講座であれば「通学したいけど遠い」「近所に学校支部がない」という理由で受講を断念する事もありません。

「講座コース」を無数に用意すると経営視点で見るとコストが嵩みます。見込み程受講者が集まらない場合は、「赤字講座コース」として経営を圧迫するので事業規模の小さい資格学校では中々豊富な講座を用意する事が出来ません。

TACは大手資格学校と言えますので一部が赤でも他でカバーできますから、受講者のニーズをすべて取り込む経営戦略を展開する事が出来る企業体力があると考えます。実際に体験したい方は、無料体験入学・無料体験受講(ネット・DVD)等がありますので、活用してTACのFP資格講座をご自身で評価してみましょう。

また、身近な事柄とFP資格との繋がりを重視したセミナーが開催されています。タイトルを見るだけで、是非聞いてみたいと思うネタ満載です(笑)。こういったセミナーに参加する事で、より鮮明に記憶に残る事は間違いありませんので、可能であれば参加してみましょう。

セミナーは度々開催されているようですが、こういった本講座以外の部分にも力を入れているのが大手資格学校らしいですね。

ライフスタイルで選べる4つの学習スタイル

ライフスタイルで選べる4つの学習スタイル

TACの資格講座は、4つの学習スタイルを選択する事が可能となっています。中でも個別DVD講座は、校舎を持っていなければ実現出来ない学習スタイルと言えます。

通学スタイル
教室講座 専属講師による生講義となります。同じ目標を持った受講生同士の熱を感じながら学習したい方にお勧めです。
個別DVD講座 TACの個別DVDブースで受講する講座となります(事前予約制)。教室講座よりも日程の自由度が高く、間仕切りのあるブースなので静かで自宅でやるよりも、だらけずに学習出来ると言えます。
通信スタイル
WEB通信講座 教室講座を収録した講義をオンライン視聴して学習します。E-Learningシステム「TAC WEB SCHOOL」により、再生速度調整・しおり機能・音声ダウンロード・講義録確認等が可能です。
DVD通信講座 オリジナルテキストとセットで教室講義をDVD収録したもので学習します。通信環境が不要な分、お手軽で応答性に優れたメディア学習と言えます。

調査した範囲では、基本的に学習スタイルによる受講料に差はありません(※一部講座コースを除く)。学習の自由度から考えると「通学」よりも「通信」で、さらに「DVD通信講座」よりもマルチデバイスでいつでもどこでも学習できる「WEB通信講座」が良いと考えます。

大手ならではの充実したサポート

大手ならではの充実したサポート

中小規模の資格学校では、なかなかサポート出来ないような内容が見られます。特に初学者の方は、学習が軌道に乗るまでは困る事も多いと思いますので、サポート面の充実度はチェックしておいて損はありません。

また、「通学」を検討されている方は日程・時間に対する不安が大きいと思いますので、フォロー体制の確認をしておきましょう。

通学・通信講座共通のフォロー制度
サポート名 内容
質問メール 疑問点や不明な点を講師やTAC専任スタッフが回答してくれます。質問メールはTACオリジナルE-Learningシステムから投稿する形になり、10回の回数制限があります。
自習室 TACでは授業の行なわれていない教室を自習室として開放してくれています。ご自宅だと「集中できない!」シチュエーションが多々あると思いますので、遠慮なく使わせて頂きましょう。
質問カード 疑問点は質問カードを使って質問することも出来ます。こちらも質問メールと同様、10回の回数制限があります。
■教室講座のフォロー制度
サポート名 内容
振替受講制度 自分が受講しているクラスを欠席した時に、他のクラスに振替して受講が可能です。例えば、平日のクラスを欠席した時に、土曜開催のクラスの受講に振り替えることが出来ます。東京都内であれば複数の校舎がありますので、「池袋校」→「新宿校」のクラスを振替受講するなんて事も可能です。
重複受講制度 一度受けた講義を再度聞き直したい時に活用できる制度です。他のクラスの同じ講義に出席する事が可能となっています。
個別DVDフォロー制度 欠席した講義の個別DVDをTAC個別DVDブースで視聴することが可能です。予約制で有料(500円)ですが、振替受講制度・重複受講制度で上手くカバーできない場合に活用すると良いでしょう。
追っかけフォロー 開講日が過ぎていても、過ぎてしまった講義の部分を個別DVD講座で受講します。教室講座の日程に追いついたところで教室講座に出席することが可能です。追っかけフォローは、申し込み締切日前であれば適用可能です。
■個別DVD講座のフォロー制度
サポート名 内容
選べる受講時間帯 受講時間帯(月曜~日曜)で以下4コマの時間帯で受講が可能です。

  1. 9:30~12:30
  2. 12:30~15:30
  3. 15:30~18:30
  4. 18:30~21:30

※2講義分まで事前予約が可能です。日曜日については4.枠は除きます。

直前期スクーリング 提案書と試験対策の講義全4回分、教室講座に出席することが可能です。
※3・2級本科生/2級本科生コースが対象です
■通信(WEB・DVD通信講座)のフォロー制度
サポート名 内容
直前期スクーリング 提案書と試験対策の講義全4回分、教室講座に出席することが可能です。通信の場合ご自宅・スキマ時間での学習が主体となりますので、モチベーションの低下が懸念事項として挙げられます。スクーリングで、同じ目標を目指して闘う他の受講者からエネルギーを貰う事で再び学習に身が入りやすくなります。
※FP3・2級パック/2級本科生コースが対象です
添削指導 提出された答案に、きめ細やかな個人別講評をつけて返送するサポートとなっています。

十分なサポート体制を維持しつつ、学習スタイルごとの弱点を上手くカバーするようなフォロー体制を敷いている事が見て取れます。サポートの手厚さは、さすがは大手資格学校と言った所でしょうか。サポートは講座コースによって適用可能な種類がありますので、詳しくは公式ホームページや資料請求で確認して下さい。

初学者はセット講座で一気に2級にステップアップ

初学者は一気に2級にステップアップ可能

FP資格初学者の方の多くは、FP3級からステップアップを考えられていると思います。TACの講座コースイチオシである「3級・2級本科生」であれば、FP3級の基礎 → FP2級 → AFPと一気に到達する事が可能なカリキュラムとなっています。

■3級・2級本科生講座の特徴
  • 3級で基礎固めをしてから2級へステップアップする王道
  • 3級の学習熱そのままに一気に2級を学習開始するので熱が冷めない
  • セット講座なので3級・2級を別で受講するより安価
  • 3級の学習で6分野の全体像が把握できるので、スムーズに2級の学習へ移行

丁度FP2級の学習をしている最中に、FP3級の本試験のタイミングが来るようにカリキュラムが組まれています。仮にFP3級未受験・不合格でも2級本科生の修了要件を満たせばFP2級の受験条件を満たすことが出来るのが特徴です。

長くても8ヶ月程の学習期間となりますので、転職・就職で早く付加価値を付けたいとお考えの方は、3級・2級と刻むより一気に両資格をゲットしてしまうのが良いと考えます。3級・2級共に年3回受験のチャンスがあるので、試験日から逆算して講座コース開始と同時に飛び乗ってしまいましょう。

ただし、メリットはあるものの人によっては「ちょっと余裕がないなあ・・・」と感じる部分もあるかもしれません。頑張る価値は十分あるとは思いますが、年3回受験チャンスがありますので、もう少し長いスパンで3級・FP2級それぞれ別で受講するのも立派な戦略かと思います。

AFP対応講座です
当サイトの管理人は「受講料を払ったんだからやらざるを得ない!」と言う状況に自分を追い込んで、学習のモチベーションを保つタイプみたいですよ(私はゆとりを持って学習するタイプなので真似出来ませんけど)。

FPの資格等級毎にオリジナルテキストを用意

FPの資格等級毎にオリジナルテキストを用意

TACのFP資格講座では、FPの資格等級毎に完全オリジナルのテキストを用意しています。インプット用の基礎教材と、アウトプット用の問題集や公開模試などバランス良く用意しているので、一通りこなした後は本試験に対応したスキルを習得出来ている形になります。

テキストは図表を多用していますので、初学者~上級者までスムーズに情報をインプット可能といえます。また、法律改正等を反映して教材を毎年改定している点も抜かりはありませんし、資格学校としての運営実績から試験傾向の分析スキルの高さにはかなり期待が持てますので、結果がテキストに反映されていると言えそうです。

ちなみに2級速修本科生向けの配布教材は、AmazonのFP資格本としては売上上位の「みんなが欲しかった! 」シリーズとなっています。「市販テキストかあ」と一瞬思いましたが、何処かでみたことあるなと思っていたら何の気無しに管理人も購入していました(笑)。

よく見ると「TAC出版」だったんですねこの本、まあ売れてるだけあって無茶苦茶分かりやすいです。こうなると、本科生向けのオリジナルテキストがとっても欲しくなってきますね。

AFP(日本FP協会)認定研修講座を用意

通常FP3級合格 → FP2級と順序良くステップアップするのが王道ですが、AFP(日本FP協会)認定研修講座を受講・修了することでFP2級の受験資格を得る事が出来ます。

「FP3・2級パック」や「FP2級本科生」などの講座コースがAFPの認定研修講座となっていますので、最短最速でFP2級・AFPを目指す方は検討の価値アリです。

時短効果のみをお話してしまいましたが、AFP認定研修の本質はそこでは無く、ライフプランを提案する提案書の作成方法や、FPに必要な知識も学習出来る点にあると管理人は考えます。

これらの知識はFP資格を持ってこれから社会で活躍する方や、ご家庭のライフプランをご自身で見直す力を身に着けたいとお考えの方に最適といえます。

FP2級資格の学習と合わせてAFP認定研修を同時に受講できるわけですから、TAC的にもAFP認定研修講座はお勧めの講座コースに位置づけられています。

いきなりFP2級で腰が引けるかもしれませんが、学習カリキュラム・AFP認定研修修了に必要な提案書の作成方法の学習・本試験対策・公開模試など、合格のためのフォロー体制は万全揃っていますので後は貴方のやる気次第です。

AFP対応講座です
認定研修や継続教育研修を実施するのに必要な業務体制・研修実績・経営状況等を備えていなければ、日本FP協会から認定教育機関として認めて貰えません。TACはこれら前提条件をクリアしている教育機関であると言えます。

教育訓練給付制度の指定講座の数が豊富

FP資格講座の教育訓練給付制度の指定講座数は、管理人が調査したところでは現時点でTACがNo.1となっています。まあ、元々の講座コース数が多いので教育訓練給付制度に該当する講座も比例して多いと取る事もできます。

しかし教育訓練給付制度は厚生労働省管轄のため、指定を受けるには資格学校の質と講座コースの質が問われる事になりますので、安易に講座コースの数 = 指定講座数とはならないのが特徴です。

よって講座コースの内、教育訓練給付制度の指定講座の占める割合が多ければ多いほど、質の高い資格講座と言うことが出来ると考えます。

教育訓練給付制度の前提条件をクリアしていると、一定の手続きを踏めば受講料(教育訓練費)の20%をハローワークより支給してもらうことが出来ますので、受講料を抑える事が可能となっています。

さらに、上手く割引キャンペーン等と組み合わせればリーズナブルですので、公式HPやSNS等の情報には目を光らせておくと良いでしょう。

TACのFP資格講座コースの詳細をチェック

TACのFP資格講座コースの詳細

各資格講座コース毎に4つの学習スタイルが選択可能となっており、TACの学習スタイルをマトリックス表で表現すると以下の通りです。一見大量の講座コースに圧倒されがちですが、以下のマトリクス表を頭に入れて情報を読み解いていくと体系的には至ってシンプルです。

■各資格講座コース毎の4つの学習スタイル
通学スタイル 教室講座
個別DVD講座
通信スタイル WEB通信講座
DVD通信講座

①FP3級をはじめて受験される方向け

3級の学習期間は中央値で言うと3ヶ月程度と言われていますので、一般的な資格学習の期間としてはそれほど長丁場ではありません。法律系の学習経験やマネーに関する知識があまり無い方は、まずはFP3級合格を目標として気張らずに取り組むのが良いと考えます。

講座コースの一覧(タップすると一覧が開きます)
講座コース名 学習スタイル 通常受講料(税込)
3級本科生(テキストあり) 教室+WEB講座 20,400円
3級本科生(テキストあり) ビデオブース+WEB講座 20,400円
3級本科生(テキストあり) WEB通信講座 15,300円
3級本科生(テキストあり) DVD通信講座 25,500円
3級 過去問解説講義/1回につき各課目 WEB通信講座 600円

②FP2級合格を目指す方向け

主に2級FP技能士資格を対象とした講座コースを記載しています。FP2級は最も受講者の数が多く、学科・実技同時受験の合格率が35%前後と絶妙な難易度なので、単科オプション講座である「直前合格ゼミ」や「公開模試」が加わって講座の厚みがグッと増えます。

「2級本科生コース」は、AFPの認定研修講座となっていますので初学者の方、あるいは短期間でFP2級・AFPを目指す方は、検討の価値がある講座コースとなっています。

「税理士特例コース」は税理士会または公認会計士協会に登録されている方を対象としています。「AFP認定研修(税理士課程)」を修了することでAFP認定の権利を得る事が出来ます。
※ただし、2級FP技能士の肩書は得られないので別途受験する必要があります。

「2級技能士コース」は、2級のみを取得するためのコースでAFPの認定までは不要な方向けのコースです。AFP認定研修講座ではないので、3級に合格している or FP業務に関して2年以上の実務経験が必要となります。

FP資格は日常に密接に絡んで来ますので、3級に合格したらすぐに2級を勉強したいと思ってしまう程、魅力ある資格だと管理人は考えます。この感覚をちょっとでも理解している方は「3・2級本科生」を検討しても良いかと思います。

講座コースの一覧(タップすると一覧が開きます)
講座コース名 学習スタイル 通常受講料(税込)
3・2級本科生(AFP認定研修) 教室+WEB講座 121,000円
3・2級本科生(AFP認定研修) ビデオブース+WEB講座 121,000円
3・2級本科生(AFP認定研修) 教室講座 111,000円
3・2級本科生(AFP認定研修) ビデオブース講座 111,000円
3・2級本科生(AFP認定研修) WEB通信講座 108,000円
3・2級本科生(AFP認定研修) DVD通信講座 133,000円
2級本科生(AFP認定研修) 教室+WEB講座 110,000円
2級本科生(AFP認定研修) ビデオブース+WEB講座 110,000円
2級本科生(AFP認定研修) 教室講座 101,000円
2級本科生(AFP認定研修) ビデオブース講座 101,000円
2級本科生(AFP認定研修) WEB通信講座 101,000円
2級本科生(AFP認定研修) DVD通信講座 121,000円
2級技能士コース 教室講座 96,000円
2級技能士コース ビデオブース講座 96,000円
2級技能士コース WEB通信講座 96,000円
税理士特例コース WEB通信講座 78,000円

②FP2級合格を目指す方向け/オプション講座

本科生コースを受講される場合、既にオプション講座が含まれている場合もあります。詳細は資料請求等でチェックして下さいね。

講座コースの一覧(タップすると一覧が開きます)
講座コース名 学習スタイル 通常受講料(税込)
2級 過去問解説講義/1回につき各課目 WEB通信講座 800円
2級直前対策講座(学科+実技対策) 教室講座 16,500円
2級直前対策講座(学科対策) 教室講座 13,900円
2級直前対策講座(実技対策) 教室講座 5,500円
2級直前対策講座(学科+実技対策) ビデオブース講座 16,500円
2級直前対策講座(学科対策) ビデオブース講座 13,900円
2級直前対策講座(実技対策) ビデオブース講座 5,500円
2級直前対策講座(学科+実技対策) WEB通信講座 16,500円
2級直前対策講座(学科対策) WEB通信講座 13,900円
2級直前対策講座(実技対策) WEB通信講座 5,500円
2級直前対策講座(学科+実技対策) DVD通信講座 19,200円
2級直前対策講座(学科対策) DVD通信講座 16,100円
2級直前対策講座(実技対策) DVD通信講座 6,500円
2級公開模試(学科+実技対策) 会場受検 3,100円
2級公開模試(学科対策) 会場受検 1,600円
2級公開模試(実技対策) 会場受検 1,600円
2級公開模試(学科+実技対策) 自宅受検 1,600円
2級公開模試(学科対策) 自宅受検 1,600円
2級公開模試(実技対策) 自宅受検 1,600円

③CFP合格を目指す方向け

日本FP協会の認定資格である「CFP®」の講座コースを記載しています。CFP認定者になるためにはCFP資格審査試験6課目に合格する必要があるので、TACでは課目ごとに講座を用意しており、すべてをパックにしたお得なコースもあります。
※全課目合格までは時間がかかっても問題ありません、一度合格した課目に有効期限はありません。

■CFP資格審査試験6課目の内訳
金融資産運用設計
不動産運用設計
ライフプランニング・リタイアメントプランニング
リスクと保険
タックス・プランニング
相続・事業承継設計

講座の組み合わせが若干複雑だったので管理人が整理してみました。以下の通り、AFP認定者は「CFP1年本科生」を受講するのが王道と言えます。CFPチャレンジパックは、2級FP技能士資格保持者がAFPの認定研修のクリアとCFP資格審査試験6課目の合格を目指すコースです。

講座名 組合せ
CFP1年本科生 入門講義 基本講義 公開模試 直前合格ゼミ
CFPチャレンジパック AFP認定研修 + CFP1年本科生
CFP総合コース 基本講義 公開模試
CFP入門講義
CFP直前対策パック -  公開模試 直前合格ゼミ
CFP直前合格ゼミ
CFP公開模試
CFP過去問解説講義

CFP講座コースの一覧を閲覧する場合は、バーの部分をPCの方はクリック、スマホの方はタップして御覧ください。

講座コースの一覧(タップすると一覧が開きます)
講座コース名 学習スタイル 通常受講料(税込)
CFP1年本科生(Webフォロー標準装備) 教室講座 226,000円
CFP1年本科生(Webフォロー標準装備) ビデオブース講座 226,000円
CFP1年本科生 WEB通信講座 209,000円
CFP1年本科生 DVD通信講座 245,000円
CFPチャレンジパック(Webフォロー標準装備) 教室講座 231,000円
CFPチャレンジパック(Webフォロー標準装備) ビデオブース講座 231,000円
CFPチャレンジパック WEB通信講座 214,000円
CFPチャレンジパック DVD通信講座 250,000円
CFP総合コース/各課目 教室講座 38,000円
CFP総合コース/各課目 ビデオブース講座 38,000円
CFP総合コース/各課目 WEB通信講座 38,000円
CFP総合コース/各課目 DVD通信講座 45,000円
CFP総合コース/6課目パック 教室講座 179,000円
CFP総合コース/6課目パック ビデオブース講座 179,000円
CFP総合コース/6課目パック WEB通信講座 179,000円
CFP総合コース/6課目パック DVD通信講座 214,000円
CFP 過去問解説講義/1回につき各課目 WEB通信講座 2,100円
CFP入門講義/各課目 ビデオブース講座 5,700円
CFP入門講義/各課目 WEB通信講座 5,700円
CFP入門講義/各課目 DVD通信講座 6,500円
CFP入門講義/6課目パック ビデオブース講座 27,500円
CFP入門講義/6課目パック WEB通信講座 27,500円
CFP入門講義/6課目パック DVD通信講座 32,000円
CFP直前対策パック(CFP直前合格ゼミ+CFP公開模試)/各課目 教室講座 18,400円
CFP直前対策パック(CFP直前合格ゼミ+CFP公開模試)/各課目 ビデオブース講座 18,400円
CFP直前対策パック(CFP直前合格ゼミ+CFP公開模試)/各課目 WEB通信講座 18,400円
CFP直前対策パック(CFP直前合格ゼミ+CFP公開模試)/各課目 DVD通信講座 21,400円
CFP直前合格ゼミ/各課目 教室講座 16,300円
CFP直前合格ゼミ/各課目 ビデオブース講座 16,300円
CFP直前合格ゼミ/各課目 WEB通信講座 16,300円
CFP直前合格ゼミ/各課目 DVD通信講座 19,400円
CFP公開模試/各課目 会場受検 4,200円
CFP公開模試/各課目 自宅受検 4,200円

④FP1級合格を目指す方向け

「日本FP協会のCFP認定者」又は「日本FP協会のCFP資格審査試験の合格者」であれば、学科試験が免除される特例を利用されると思います。よって、TACのFP1級講座の受講者は、実務要件を満たした方かFP2級合格者と言うことになります。

1級本科生コースは、平均合格率が12%程度という難関の学科試験を対象としています。受験者数が少ないことから対策テキストや通信講座等も少ない中で、TACは需要の少ない講座コースを敢えて開設しているという事になります。

FP1級講座コースの一覧を閲覧する場合は、バーの部分をPCの方はクリック、スマホの方はタップして御覧ください。

講座コースの一覧(タップすると一覧が開きます)
講座コース名 学習スタイル 通常受講料(税込)
1級本科生(学科対策) 教室講座 133,000円
1級本科生(学科対策) ビデオブース講座 133,000円
1級本科生(学科対策) WEB通信講座 133,000円
1級本科生(学科対策) DVD通信講座 153,000円
入門講義付1級本科生(学科対策) 教室講座 155,000円
入門講義付1級本科生(学科対策) ビデオブース講座 155,000円
入門講義付1級本科生(学科対策) WEB通信講座 155,000円
入門講義付1級本科生(学科対策) DVD通信講座 179,000円
1級・CFP入門講義/各課目 WEB通信講座 5,700円
1級・CFP入門講義/各課目 DVD通信講座 6,500円
1級・CFP入門講義/6課目パック WEB通信講座 27,500円
1級・CFP入門講義/6課目パック DVD通信講座 32,000円
1級直前対策講座(学科対策) 教室講座 35,000円
1級直前対策講座(学科対策) ビデオブース講座 35,000円
1級直前対策講座(学科対策) WEB通信講座 35,000円
1級直前対策講座(学科対策) DVD通信講座 40,000円

TACのFP通信講座の評判・口コミをチェック

TACのFP資格講座を受講されて、合格を勝ち取った方々の生の声を記載しています。中には、FP3級 → FP2級 → CFPと着実に階段を登った方もいらっしゃいます、なかなか根気のいる事ですが、継続して学習し続ける事が可能である事もTACの魅力の1つかもしれませんね。

先生方の親身なサポートが合格につながった!
女性 3級本科生
現役の学生なので勉強は慣れているつもりでしたが、FPで勉強することのほとんどは聞きなれない言葉で戸惑いましたが、先生が語呂合わせなどでわかりやすく教えてくれたため、段々と覚えることに抵抗がなくなり無事に3級に合格することができました。

→合格者の口コミはこちら

TACの先生を信じることが合格の近道!
女性 3・2級試験対策パック
FP資格を知ったとき、今後の自分の人生で必ず関わってくる分野を総合的に学習することができるという点に惹かれFP2級を目指しました。TACの先生のの講義は面白く、先生の指導のとおりに学習していたら2級は高得点合格。この資格を職業とするために現在CFP合格に向かって全力投球しています。

→合格者の口コミはこちら

TACの先生の指導に従うことが合格の秘訣!
女性 2級速修本科生
保険関係の仕事をしているので必要な知識はもちろんのこと仕事上活かせる知識が満載のFP資格ですが、学習範囲が広く級があがると内容がより実務的になるため効率的な学習することが求められますが、TACの先生は実務でも活躍しているプロの講師から直接指導を受けられるので、先生についていくことが合格の秘訣です。

→合格者の口コミはこちら

学習仲間が大きなモチベーションとなった!
女性 CFP総合コース
初講義は、緊張をほぐす自己紹介ゲームから始まり「一人でなく皆で勉強して全員で合格する」という目標を基に、学習が進んでいきました。講義が進むごとに同じ教室の勉強仲間と仲良くなってお互いは励ましあうことで学習を継続することができました。

→合格者の口コミはこちら

CFP合格で人生の選択肢が広がった!
女性 CFP総合コース
経済的知識がゼロの状態から、FP3級→FP2級→CFPと確実に合格しました。実務でも活躍しているプロの講師から直接指導が受けられるのが短期合格の秘訣であり、またTACの強みだと思います。今後はCFPを活用して、ライフイベントを成功させていきたいと思っています。

→合格者の口コミはこちら

資格の学校TACのFP通信講座の口コミ評価
口コミを見ていると皆さん講師陣に対する信頼が厚く、質の高い講義によって合格を勝ち取ることが出来たと言う印象が、強く残っているようです。特に社会人の方は、実務経験のあるプロの講師の講義を是非聞いてみたいという意欲が強いようですね。

経済的知識がゼロから国際ライセンスCFP迄到達するのは、モチベーション維持が必要かと思いますが、TACのFP資格講座が総合的にサポートした結果かもしれませんね。

TACのFP資格講座の資料請求をしてみた結果

TACのFP資格講座の資料請求

実際にTACのFP資格講座の資料請求してみました。資料請求の申し込みは特段困るような事は無く、対象講座「ファイナンシャルプランナー」を選択して、名前や住所等の情報を入力するだけでとても簡単でした。

資料到着・開封の儀
TACのFP資格講座、資料到着・開封の儀
資料請求からおおよそ2日でゆうめーるで届きました。そこそこのボリュームを感じさせる厚みがあります。
資料一式を並べてみました
TACのFP資格講座、資料一式
FP資格講座のパンフレットには、講座受講生の声や講座コースのガイダンスが事細かに記載されています。全面カラー印刷なので、請求資料にはそれなりのパフォーマンスを割いている印象を受けます。
日本FP協会の紹介DVDが付いています
日本FP協会の紹介DVDが付いています
日本FP協会の認定教育機関であることをアピールする狙いがあるのでしょう、日本FP協会の紹介DVDが付いていました。講座のDVDは残念ながら付いていませんが、公式ホームページでサンプルを確認する事が出来ます。
大手ならではの特別セミナー
大手ならではの特別セミナー
特別セミナーのパンフレットです、FP資格に興味のある方であればタイトルを見ると、具体的なので興味をそそられる内容になっているとおもいます。時期によってはまた違った内容の特別セミナーのパンフレットが入っているんでしょうかね。
講座コースの紹介
講座コースの紹介
講座コースの紹介ではそれぞれの特色やカリキュラム、教育訓練給付制度の適用状況などが記載されています。
講座コースの詳細情報一覧
講座コースの詳細情報一覧
講座コース毎の受講料や体系の詳細が一覧化されています。TACの用意している講座の種類を一括で確認したい時はこの一覧を見れば分かり易いです。

資料請求の結果は如何に?管理人の感想

どちらかと言うと、ボリュームたっぷりの講座コースのガイダンスを主眼においた資料の構成となっている印象を受けます。サンプルテキストが付いていない点がちょっと残念です。せっかくFPの等級毎にオリジナルテキストを用意するこだわりがあるんですから、この点は改善して欲しいと思います。

FP資格体系の説明や資格取得後の将来性に関する情報は、コンパクトにまとめられた情報が掲載されていますので、まだFP資格のイロハが把握出来ていない方は目を通しておくと、全体像が理解できますので講座選択がやりやすくなるかと思います。

講座コースの説明は公式ホームページを見るよりも資料の方がはるかにまとまっており、サポート体制の適用マトリクス表なんかも掲載されているので、自分に合った講座を探している方は資料請求した方が絶対に分かりやすいです。

管理人が語る!TACのFP通信講座を総合評価!

TACのファイナンシャル・プランナー通信講座の総合評価

総合評価(各20点満点)
教材内容 10点
カリキュラム 15点
コストパフォーマンス 05点
サポート 20点
運営実績 20点
評価結果:75点/100点

講義動画については、基本的に生講義の録画映像です。視聴する限り講師陣はトーク力もあって臨場感もあるだけに、見栄えや音質の面で専用スタジオでの収録に比べると見劣りするので少々残念です。今の時代学校に通いたくても通えない方のほうが多いはずなので、もう少し通信講座寄りにコストを傾けて欲しいと思います。

情報を詳細に記載しているからだと思いますが、ボリュームあるテキストが配布されます。期間的に少々タイトな印象を受けますので、法律・経済の知識のない方は、速習系のカリキュラムよりも本科生系のゆとりのあるカリキュラムを選択した方が挫折せずに済むと思います。

本試験まで「演習問題・直前講座・公開模試」など、最後のひと押しで合格をグッとたぐり寄せるようなカリキュラム構成になっており、最後まで受講者のモチベーションを切らすことの無いように配慮されたカリキュラム構成は、大変評価出来ると考えます。

複数の学習スタイルを運営する学校・通信複合型の資格学校は、どうしてもコスト面での割高感が出てしまいます。キャンペーンや教育訓練給付制度、再受講割引等々受講料を下げる戦略は随所に見られますので、情報収集と受講申込のタイミングが結構肝になると考えます。

サポートの充実度は抜群で、中でもスクーリング聴講制度は校舎を構えている資格学校ならではのサポートと言えます。TACの長年に渡る資格学校としての学習ノウハウの積み重ねは、他の資格学校には真似出来ない最大の強みと言えますから、TACの学習ノウハウに上手く乗っかって合格への切符を手にして下さい。

TACのファイナンシャルプランナー資格講座はこんな方にお勧め!
  • 実績・信頼のある資格講座を受講したい方
  • 豊富・多彩なサポートで学習したい方
  • 実務レベルのプロ講師の講義を視聴しながら学習をしたい方
  • ご自身にマッチした資格講座が中々見つからない方
  • 演習問題・直前講座・公開模試で本試験前に実力を底上げしたい方

3級~1級/AFP・CFP/継続研修まで対応可能なラインナップの豊富さは、どこの資格学校にも真似出来ないので「自分に合った講座がない」という方は、電話やメールで受講相談を受け付けてくれていますので、TACに相談してみるとピッタリの講座が見つかるかもしれません。

講座コースの詳細は、請求資料がかなりコンパクトでわかりやすく整理されています(公式ホームページより断然分かりやすいです)。受講を検討されている方は是非一度請求して中身をチェックしてみて下さい。

TACのファイナンシャル・プランナー通信講座の無料資料請求
TACのFP通信講座を【無料】で資料請求

コメントは受け付けていません。

ファイナンシャルプランナー資格 通信講座ランキング

フォーサイト

フォーサイトのファイナンシャルプランナー通信講座

  • 高い合格率
  • 高品質フルカラーテキスト
  • 高品質・高画質講義動画
  • 高コスパ
  • AFP認定講座アリ

無料資料請求はこちら

講座レビューはこちら

ECCビジネススクール

ECCのファイナンシャルプランナー通信講座

  • 業界No.1コスパ
  • 高い合格率
  • 教育機関としての実績
  • 信頼・知名度
  • AFP認定講座アリ

無料資料請求はこちら

講座レビューはこちら

STUDYing

KIYOラーニングのファイナンシャルプランナー通信講座

  • WEB通信完結型
  • スキマ時間を徹底活用
  • 気軽に続けられる
  • 効率的繰り返し学習
  • 安価な通信講座

無料資料請求はこちら

講座レビューはこちら

人気のファイナンシャル・プランナー通信講座の評価一覧

人気のFP通信講座を辛口評価!
人気のFP通信講座を辛口評価!
人気の通信講座の評価を一覧で記載しています。以下、5つの視点でそれぞれ20点満点で評価していますので、50/100点が中央値でごくごく平均的な通信講座と言う評価となります。
  • 教材の充実度、内容のクオリティ
  • カリキュラムのラインナップ
  • コストパフォーマンスを総合評価
  • サポートの特色・手厚さ
  • 資格学校の運営実績・合格率

貴方の本当に欲しいところを抑えた通信講座はあるのか?!是非チェックしてみてくださいね。

資格学校名
教材内容

カリキュ
ラム

コスパ

サポート

運営実績
総合
評価
フォーサイト
詳細

20点

20点

20点

10点

15点
85点
ECC
詳細

15点

10点

20点

15点

20点
85点
KIYOラーニング
詳細

15点

10点

20点

5点

10点
75点
ヒューマンアカデミー
詳細

15点

10点

15点

20点

10点
75点
L・A(エル・エー)
詳細

15点

10点

20点

10点

15点
70点
資格の学校TAC
詳細

15点

15点

5点

20点

20点
70点
ユーキャン
詳細

10点

10点

15点

15点

15点
65点
アガルート
詳細

15点

10点

20点

5点

10点
60点
クレアール
詳細

10点

5点

15点

10点

15点
55点

おすすめのFP通信講座レビュー一覧はこちら

FP通信講座比較ナビおすすめコンテンツ一覧

FP通信講座比較ナビのコンテンツ
FP通信講座比較ナビのコンテンツ
当サイトお勧めのコンテンツ一覧はこちらです。FP資格試験の合格を引き寄せるコンテンツとなっています。今後も皆さんの意見を取り入れて随時コンテンツを拡充させて参ります。

 

独立開業のためのFP独立開業のためのFP

通信講座レビュー通信講座レビュー