【FP通信講座】2020/2021年向け最新割引・キャンペーン情報を一気に掲載

当サイトでご紹介している通信講座の、2020年・2021年の本試験向けの講座コースの割引・キャンペーン情報を随時更新していきます。 通常価格では手の届かなかった講座も、割引キャンペーンを適用するとかなり安くなりますので、目標の予算に収まるかもしれません。気になる通信講座が割引・キャンペーン情報を打ち出していないか、是非チェックしてみてくださいね。 こちらのページでは期間限定など

続きを読む

初心者・初学者向けFP通信講座を選ぶ、はじめてにおすすめのFP通信講座を厳選!

ファイナンシャルプランナー資格初心者・初学者の方は、豊富過ぎる資格学校のラインナップに圧倒されて、はじめての講座選びで途方に暮れているのではないでしょうか。初学者向けの講座コースは、概ねどのような資格学校でも開設されていますが、どの講座が良いのかなかなか判断がつきにくいものと思います。 資格講座で重視すべき事柄は数あれど、初心者・初学者の方であれば以下のポイントを最低押さえて講座を選

続きを読む

教育訓練給付制度の指定講座で選ぶ!ファイナンシャルプランナー通信講座

教育訓練給付制度(一般教育訓練)とは、条件を満たした方が厚生労働大臣が指定する講座を受講し、修了した際に修了までに支払った学費の20%がハローワーク(公共職業安定所)から給付される制度です。 指定を受けるには、12号様式まである教育訓練給付金(一般教育訓練)講座指定申請を行い、教育訓練給付金の支給の対象となる教育訓練の基準を満足す必要があります。 教育訓練給付金(一般

続きを読む

FP通信講座の合格率を知りたい!調べるとっておきの方法、教えます

合格率の調査方法の前にFP資格の合格率をチェックしておきましょう。記載の情報は最も受験者の層が厚い2級FPのものとなっています。 ■2級FP技能士試験 学科と実技同時受験者の合格率(日本FP協会) 開催年月 受験者数 合格者数 合格率 平成27年09月 14,203人 6,251人 44.0% 平成27年05月 12

続きを読む

FP資格取得を目指す方必見!失敗しないFP通信講座のテキストの選び方

「テキストなんか、内容が把握出来れば何でも良いじゃないか」と思われるかもしれません。しかし、選択を間違えると効率が段違いですし、そうなると合格が遠のいてしまいます。 皆さんの学生時代に使っていたテキストをよ~く思い出して下さい、結構なお値段がするにも関わらず内容は見づらく、今程挿絵もないのでイマイチ内容が頭に入って来なかった思い出はないでしょうか? 頭に入ってこない原因は、学校

続きを読む

質の良い講義動画の選び方のコツ、FP通信講座の動画の良し悪しが合否を分ける!

資格の勉強方法と言えば、座学で黙々とテキストを勉強する方法がスタンダードですが、時代は変わって講義動画をPCで見ながら学習するスタイルが定番となっています。 ここ数年のIT技術の進歩により、インターネット経由で講義動画を視聴したり、実際の講義をリアルタイム(ストリーム)で視聴したり、通勤・通学中の時間を利用してスマホで学習する事も可能になっています。 通学と違って場所や時間に縛

続きを読む

受講料が高いと良い講座?FP通信講座の価値の見極め方、教えます

通信講座を選ぶ時、色々なサイトや講座の情報を一通りはご覧になるとは思いますが、結局お財布のギリギリ許容できる価格の講座を選んでしまいがちだと思います。 その考え方の根底には「高価なんだから、当然しっかりしているだろう」とか「合格率もいいんだろう」と言う思い込みが働いているからですが、本当にそうなんでしょうか?受講を確定する決定打としてはちょっと曖昧な気がしませんか? 通信講座は

続きを読む

【FP資格初学者必見】サポートの内容・種類から通信講座を選ぶ方法

書店で購入した参考書では基本的に自学自習オンリーで学習を進めるしか方法がありません。ファイナンシャルプランナーの学習を進めていくと、法律の解釈の仕方で悩んでしまうシーンが多く「なんでこれが正解になるんだ?」「自分的にはこっちが正解になるんだけどなあ・・・」と言う事が多いのではないでしょうか。 物理や数学等であれば正解は必ず1つですが、法律の解釈の仕方については受け取り方が人によって違

続きを読む

【教育訓練給付制度】貰える条件・対象者・申請方法解説マニュアル【平成30年最新版】

資格学校の通信講座を調べていると必ずと行って良いほど情報が出てくる「教育訓練給付制度」ですが、一体どのような制度で受給条件はどのようになっているのかを詳しく解説してみたいと思います。 「教育訓練給付制度」を管轄しているのが厚生労働省となっており、「雇用保険(失業保険)」の分野に相当しますので、具体的な手続きは管轄している「ハローワーク」で行う事になります。 「ハロワか・・・」と

続きを読む